アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「メディア」のブログ記事

みんなの「メディア」ブログ


OPP2始動

2014/12/03 19:58
本当にごぶさたしております。
思い出したように作品の更新があるだけで、なんの音沙汰もなかったサイトですが、ようやく動きがありました。

12月1日から来年2月末まで、Other's Plot Plan 2(略称OPP2) が開催されます。
画像
 ↑会場へはこちらから

「誰かのプロットを自分が書いたらどうなるのか」「自分のプロットを誰かが書いたらどうなるのか」

そういう興味から始められたこの企画は、今年で第二回目になります。管理人は、恵陽さんから綿子さんに交代しましたが、今年もとても楽しく、プロットの勉強をさせていただきました。
BUTAPENNは、今年も懲りずにプロット部門に参加させていただき、自プロットと、いただいたプロットの二作品で参加しています。
例年どおり体調を崩す夏を経て、秋から冬にかけてのオフの多忙、家族の介護と、綱渡りのような毎日の中で、なんとかギリギリに書きあげました。

どちらも約30枚ちょっとの短いものです。
自プロット作「「川、滔々と流れ」は、ローマ帝国が舞台です。前々から腹案はあったのですが、「月の戦士」の資料本を読んでいたときに設定が固まりました。
いただきプロットのほうは、「羊飼いの見た夢」というタイトルです。恵陽さんからいただいたプロットは学園もののはずなのに、いつのまにか、あらら…というお話です(笑)。

「川、滔々と流れ」はこちら

「羊飼いの見た夢」はこちら

よろしかったら、お読みくださって、感想などをお寄せください。
あとがきめいたものは、また機会を改めて、このブログに書きたいと思っています。

自プロットの参加作品四作をざっと読んだかぎりでは、「同じプロットなのに、よくぞこれだけ…」とうなるほど、コミカルありシリアスあり、悲恋ありハッピーエンドあり…と、さまざまなお話に仕上がっていて、とにかくすごいのひとことです。

会期は三か月あるので、どうぞ、ごゆっくり楽しんでください。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


オンライン文化祭2013が終わりました

2014/01/04 00:56
新年あけましておめでとうございます。

年末は、もういろいろなことに力尽きてしまって、何も告知のないまま、本サイト、携帯サイトともにお休みに入ってしまいました。

「オンライン文化祭2013 ―帰―」の感想ツイートだけは、かろうじて間に合いましたが、いただいたメールへの返信はできずに、会期が終了してしまいました。

このお祭りに、BUTAPENNは、小説部門に「ただいま!」、メディアミックス部門に「たねや植えけん」で参加しました。
もし、まだお読みでないかたは、どうぞ。併せて、会場や感想まとめページにもお越しください。

「ただいま!」
「たねや植えけん」(サウンドノベル・音声が出ます)
「オンライン文化祭2013 ―帰―」
オンライン文化祭2013―帰―感想まとめ togetter


「ただいま!」は、文化祭のテーマが「帰」だったことで、どうしても帰れない話をいろいろ考えて、最終的にこれになりました。前年の参加作品が非常に重い話だったので、今年は反対方向のコミカルにしようと決めていました。楠沢さんが「守備範囲が広い」とおっしゃってくださり、恐縮です。
招夏さんの「魔王ゼファーの息子じゃないよなー」は、まさに当たりで、雪羽の設定では書けない「父子バトル」の未来を書きたくなってしまったのです。
また、koharuさんの「この帰宅バトルって、将来的に魔王を継ぐことになるかもしれない息子のレベルアップを願ったご両親の計略だった……なんてことはないですよね。」と、かなり核心にせまる鋭い指摘をしてくださいました。この父ちゃん母ちゃんはただものではありませんからね。

吉田ケイさんの「続編へ続きそうな感じ」は、まったくその通りで、実は続編を意識しています。
森戸玲さんの、「リョウの学校生活を読んでみたい」とのリクも、ありがたく頂戴しました。
山仙さんに見抜かれてしまったのですが、「小説家になろう」っぽい話を目指してもいました。いずれ構想が膨らんだら、長編化して連載したいと考えています。今はこれ以上連載を抱える気力があるか、疑問なのですが…。
いずれにせよ、猫さんが感想に書いてくださった、
「「人間である部分と魔族である部分が共存している。」のならば、そのままに――(中略)――「平和な時代」を導いて貰いたい」
を大切な中心テーマとして、書いていきたいと思っています。

「たねや植えけん」は、巻末資料にも記したとおり、読売新聞日曜版の「名言巡礼」という、宇喜多秀家に関する記事を見て、「これだ」とインスピレーションを受けて書き始めました。
サウンドノベル制作に関しては、資料集め → 八丈島の風景写真さがし → BGMさがしという順番で行い、ビデオ制作ソフト「AVS4YOU Video Editor」を使って作業しました。
作業の手順は、BGMの長さに合わせて、写真と文章をあてはめていくもので、音楽と場面転換をぴったり合わせるのに、一番神経を使いました。

複数の方に指摘いただいたのですが、文章のスクロールの速さが違い、場面によっては速すぎて読みにくい部分があったそうです。これは、限られた音楽の中に長い文章を無理に押し込んだためで、もっと文章を削るべきでした。これからの反省にしたいと思います。

梅(b^▽^)bさんと、招夏さんの感想にあったとおり、NHKの「歴史秘話ヒストリア」や、大河ドラマのエンディングの「〇〇紀行」のようなイメージでノリノリで(笑)作っていました。作りながら自分で泣いてしまうこともしばしばでした。音楽と映像の相乗効果は、つくづく偉大だと思いました。

実は、この話は、ひとつだけウソをついている部分があります。
このストーリーの流れでは、
「漂流した漁師から、岡山城主の名を聞き、「運のよいやつめ」とやっかみを見せる」、そのあとで「「徳川家の禄を食む気持ちはない」と、いさぎよく徳川の恩赦を蹴る」エピソードに続きますが、実際の歴史からいえば、後者のほうが若いときの話であり、前者のほうが老齢になってからのエピソードです。
時系列順に話を並べると、「達観したつもりでも、年老いてもなお忸怩たる思いがあったのか」という寂しい結論になってしまうようで、あえて順番を逆にしました。
でも、実際そうだったのだと思います。いさぎよく運命を受け入れて静かに過ごしつつも、故郷の城を元の家臣が治めていると知れば、心穏やかではいられない。その気持ちの揺れが波のように寄せては引いていく、それが、人間の心のありかたであるのでしょう。

豪姫の前田家が、明治になるまで援助を送り続けていたことや、八丈島に、ふたりの像が並べられていること。知らなかった歴史を今回たくさん知ることができました。
今年の大河ドラマ「軍師官兵衛」にも、宇喜多秀家が登場するかなと楽しみにしています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「Antivirus Professional」の削除方法

2013/09/23 00:26
「Antivirus Professional」など、さまざまな名を持つ偽セキュリティ対策ソフトが猛威をふるっているようです。
yahooやGoogleなどで検索して、たまたまクリックしたサイトが、たまたまこのウィルスに汚染されていたら、それだけで、このソフトが強制ダウンロードされてしまうという、いわゆる「トロイの木馬」系のウィルスです。

感染すると、いきなり英語オンリーの画面が立ち上がり、「このコンピュータは、これこれのウィルスに汚染されています」と脅されて、ウィルスを駆除するために、対策ソフトを買うように強要する。ウィルス駆除ソフトを装った悪辣な仕掛けなのです。

悪質なのは、いくら「閉じる」ボタンを押しても、何度でも現れることです。自分が消されることを防ぐために、あらゆる手段を使ってパソコンの管理ツールも妨害してきます。英語だし、わけがわからなくなり、ウィルスを駆除するためならと、つい買ってしまう人も多いそうです。

夫のパソコンが、このソフトにやられてしまい、ゆうべは夜中の二時までかかって駆除するハメになりました。
ほんとに腹が立つので、みなさまに注意していただくためにも、私のとった対策方法をメモしておくことにします。

参考にしたサイトさまは、こちら→ 「Disk Antivirus Professional」の簡単削除手順

まず、一番オーソドックスな対処方法です。、

1)パソコンをセーフモードにする。
電源をONしたときに、F8ボタンを長押しすれば、セーフモードになります。

2)デスクトップに現れた「Antivirus Pro」のショートカットアイコンを右クリック → プロパティをクリック →
「ファイルの場所を開く」をクリック → ファイルの入っているフォルダごと削除

というものです。

ところが、パソコンをセーフモードにしたとたん、パソコンが自動的にシャットダウンしてしまう!
これぞ、悪質ソフトの仕業。自分を消されないために、最新型には、再起動を妨害する機能が付け加えられたらしいのです。

このやり方では、もはや対処できない。では、次の対処方法です。

参考サイトさまは、こちら → Antivirus Security Proウイルス駆除 セーフモードに入ると再起動の妨害!?

1)迷惑ソフトの起動画面で「Buy Full Edition」をクリックします。つまり、いったん買うふりをするのです。
2)$79.99などの選択肢が示されますが、それは無視して、画面の左下にある「I already have activation key」をクリック
3) コードを入力するように要求されるので、下記のサイト(英語版)に「copy paste this code」と記されている赤い文字列を入力
http://siri-urz.blogspot.jp/2013/08/antivirus-security-pro.html
4) インストールされ、スキャンが始まりますが、気にせずに、
Windowsのスタートメニュー → [すべてのプログラム] → [Antivirus Security Pro] → [Uninstall Antivirus Security Pro] でアンインストールできます。
もし、デスクトップにアイコンが残っていたら、右クリックで削除します。

これで、うちは削除完了しました。
レジストリキーも削除したほうがよいようですが、うちはしていません。
さっそく、正規のセキュリティソフトを最新版に更新して、チェックスキャンしました。

もともと、今回のトラブルは、あたりまえの対策をとっていれば、防げたものだそうです。私も夫のパソコンにまで気が回らず、忙しさにかまけて、つい不注意になっていました。

あたりまえの対策とは、

・セキュリティソフトをきちんと入れ、いつも最新版に更新しておく。
・WINDOWS UPDATE は定期的に実施
・Java、Adobe Reader、Flash Player などのソフトは、いつも最新状態にしておく。

こういう悪質なソフトにひっかかるのは、時間の無駄、ストレスのもとです。みなさまも、ぜひお気を付けくださいますように。
記事へ驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


著作権延長は誰のためか

2013/07/13 00:00
日本のTPP協定交渉への参加が決定しました。
7月15日から25日までマレーシア・コタキナバルで開かれる拡大会合で、日本はぎりぎりの初出席が予定されています。

TPPに関しては、多くのメリット・デメリットが議論されていますが、離陸してしまった以上、少しでも不備な部分を改善していくために、国民全体が活発に議論に加わる必要があると思います。


さて、TPP参加決定で懸念されているのが、著作権の問題です。
TPP交渉で、日本は著作権保護期間を現行の50年から70年程度に延長するように欧米から求められる懸念があるのです。

米国の著作権延長の圧力
アメリカは、ディズニーアニメなど息の長い映画作品を抱えており、日本にも著作権期間の延長を求めるとみられています。国際収支をみると、日本は著作権収支で年間5000億円の赤字国で、支出先の6割以上が米国です。

米国は、さらに法人著作権を95年に延長する法律を制定済みであり、これは「ミッキーマウス」の著作権切れを防ぐためだと言われていて、「ミッキーマウス保護法」と揶揄されるそうです。
米国はさらに、世界各国にも著作権を延長するよう圧力をかけていて、日本も映画著作物に関しては、著作権期間を70年に延長しました。

著作権期間の「個人の死後または法人の公表後50年」を維持している国は、日本のほかに、カナダ・ニュージーランド・中華民国があり、日本はそれらの国々と連携して、著作権問題にあたることが重要だと考えます。

電子書籍業界への打撃
吉川英治、柳田国男、室生犀星らの作品は、昨年末に著作権保護期間が切れ、今年から自由に使えるようになりました。
こうした著作権切れの古典の名作は、青空文庫などでテキストファイル化され、電子書籍の普及に大きく貢献しています。

しかし、これらの作品も、著作権期間が70年に延長されれば、また数十年先まで読めなくなることは必至で、せっかく軌道に乗ったばかりの電子書籍業界にも打撃を与えそうです。

書籍のデジタル化が遅れる
著作権の延長によって、「著作権の所在が不明な「孤立作品」を人為的に大量発生させただけだ」と言う批判も、米国内で起こっています。

日本の国会図書館では明治期の本の著者のうち70%強が権利者の没年や連絡先が不明といわれていて、期間延長によって、図書館の蔵書デジタル化がさらに遅れることが懸念されているそうです。

(以上のソース:日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXDZO54918090R10C13A5TCJ000/
ウィキペディア「著作権延長法」))

ジェネリック薬も危機
同じ、知的財産の保護に関連して、ジェネリック薬の製造・販売が妨げられる恐れもあります。
このことに対して、「国境なき医師団」は強い懸念を表明しています。途上国でジェネリック薬を利用している数百万人の患者の治療に影響が出る恐れがあるというのです。
(国境なき医師団日本 http://www.msf.or.jp/news/2013/07/6133.php

TPP交渉参加に関する意見募集
さて、TPP交渉に関連する業界団体への説明会などが活発に行われているようですが、説明会に招待されなかった団体にも、メールで意見を提出する方法があります。

TPP政府対策本部・TPP関連情報
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/tppinfo.html

〆切は7月17日(水)までです。
団体名を記入する必要がありますが、TPPに関して意見をおもちの方は、ぜひこの機会を活用なさってください。


【7/13追記】
いくつか有用な記事をリンクしておきます。

青空文庫 「著作権保護期間の延長を行わないよう求める請願署名」 (署名運動自体は終わっています)
山仙さんの、「著作権は誰のため」
朝日新聞デジタル「WEBRONZA」 「著作権保護期間の延長は科学研究を阻害する」
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


チェルノブイリの翻訳が公表されました

2013/03/25 19:50
日本学術会議より、「チェルノブイリ原発事故による環境への影響とその修復:20年の記録」が今朝公表されました。
2011年の原発事故直後に立ち上がった翻訳プロジェクトで、山仙さんが多少関わっておられたため、当ブログでも翻訳ボランティアの呼びかけを行い、ここからお手伝いに応募してくださった方もおられました。

あれから二年、膨大な翻訳が、とうとう形になったのですね。
森林の放射能汚染や、放射性プルームや、汚染が降雨に左右されることなど、知っていたら有益な情報が、ここにはたくさんありました。
今からでも決して遅くはありませんが、それでも、もし前もってこれが翻訳され、多くの人の目に触れていたら、事故後の対応は少しは変わっていたでしょうか。

ともあれ、たくさんの方々の労苦が実ったことをお祝いしたいと思います。
山仙さんも、どうもお疲れ様でした。

お読みになりたい方は、次の手順で手に入れてください。

日本学術会議のHP
トップニュース
「チェルノブイリ原発事故による環境への影響とその修復:20年の記録を公表いたしました。(平成25年3月25日) → 本文はこちら」
から入る。

日本学術会議「記録」のページに入り、第三部2013-03-25 「原発事故による環境汚染調査に関する検討小委員会 チェルノブイリ原発事故による環境への影響とその修復:20年の記録」


いずれも、PDF形式です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


熱がテーマ

2012/11/11 00:30
11月3日から始まった「オンライン文化祭2012 ―熱―」(吉田和代さん主催)が、盛り上がっています。


BUTAPENNは、小説部門には「余燼」という短編で、メディアミックス部門にはビデオポエム「熱」で参加しています。

 → 「余燼」  
 → 「熱」

「余燼」というのは
(1)火事などのあとに燃え残った火。くすぶり。燃えさし。
(2)事件などが片付いたあとになお残る影響。
三省堂「大辞林 第二版」より


という意味でして、事件が解決したあとに、なお判然としないものが残るというミステリを書いてみたくて挑戦しました。結果はご覧のとおりですが、こういう企画では、挑戦することに意義があるのですよね。

「熱」は、NHKが無料で素材として提供しているビデオライブラリの中からいくつかお借りし、自作の詩と音楽素材を重ねて編集してみました。1分30秒あまりの短いものです。
作っていて、とても楽しかったです。

例年にまして、積極的に感想が飛び交う賑やかなお祭りになっています。ツイッターでは、早くも全評を達成した方もおられます。
→ ツイッターのまとめがあります。togetter 感想まとめ
どうぞ、みなさまも会場をお運びになり、すばらしい小説、イラスト、マンガなどの作品をご堪能ください。

BUTAPENNへ、メールで感想をくださった方々への返信を、下に載せておきます。

最後になりましたが、アルファポリスの「青春小説大賞」への投票してくださった方、ありがとうございました!



芹沢優希さま
メディアミックス部門の「熱」への感想ありがとうございました。
いろいろな「熱」を感じるシーンを集めようとビデオクリップを漁っていて、逆にそこからインスピレーションをもらったものもあります。人間→自然、という順番で五つ並べたのですが、二つ目の「先輩」のを気に入ってくださいましたか。人間を描いた中では唯一、肯定的というか、ほっとできる情景だったのかもしれませんね。書きながら「マミったら、先輩にお熱なのねー」なんて死語が浮かんでいたりしました(笑)。

tomoyaさま
ペンフェス以来でしょうか、お久しぶりです。アルファポリス青春大賞への応援もありがとうございます。
「余燼」への感想、ありがたいです。
クリスティの「オリエント急行」のように、たくさんの人間が殺人に関わるというミステリを書いてみたくて、みごと爆沈しました(笑)。ミステリはむずかしいです。
また社会小説のようでもあったというご賢察のとおり、希薄な人間関係の中で、声なき者たちの小さな熱が束ねられて、大きな復讐をなしとげていく様を書きたかったのですが、中途半端になってしまった悔しさも残ります。
その中で、ラストの刑事の思いをしっかりと汲み取ってくださって、うれしいです。大人に対して心を閉じている少年に、真正面から組みついていこうとする刑事はファンタジーなのかもしれませんが、現実にこういうお節介おじさんがいてほしいなあ。教師や周りの大人たちがこういう姿勢で子どもたちを向き合ってくれたら、どんなにすばらしいでしょうか。

鹿の子さま
ツイッターでもこちらでも、「余燼」の感想をありがとうございます。
ミステリ仕立てにしたからには、最初の印象がどんどん変わっていって最後はびっくり、というのを目指していたので、オセロのようと言ってもらえたら、もうそれだけで本望です。
「いじめ」については、子どもたちだけではなく大人も、「鬱憤」が火山の熱のようにたまっていて、ときどき噴火を起こしてしまうような世の中になっているなと感じます。
この加害者の八田という少年は、ある意味、生命力旺盛で魅力的な少年なのかもしれません。彼がもっと建設的な方向にそのエネルギーを使ってくれていたらと思います。しかし、また彼も人に理解されない「鬱憤」を抱えていて、それがそのエネルギーを生み出してしまったのかもしれない。加害者についてほとんど書けなかったのが悔やまれますが、こうして考えてくださったことがうれしいです。
瞬については、最初はとらえどころのない、人形やロボットのような印象だったと思います。彼のように、ほんの子どもの頃から期待され、努力して良い成績を取っても当然とされ、弱音を吐いても「おまえなら、やればできる」と言われてしまう人生は、恵まれていても孤独だったでしょう。この事件の解決をとおして、彼が今までの殻を破れるかなという期待をしています。

迅本さま
お久しぶりです。「プラットホーム」に感想をいただいていながら、まだお返事すら返せず、申し訳ありません。いずれ、じっくりとお返事させていただきたいと考えています。
「余燼」お読みくださってありがとうございます。「ずっしりと重たいテーマ」に押しつぶされてしまいましたが、「温かい読後感」とおっしゃってくださり、ほっとしました。
この拙いお話に、罪と赦し(救い)のエッセンスを読み取ってくださり、ありがとうございます。
キリスト教は、罪には裁きがあること、罪には赦しがあること。この一見矛盾した教えで成り立っています。逆に言えば、裁きがあるから赦しがあるのかもしれません。
すべてのいじめの加害者が、自分が正しく裁かれるということを認識すれば、いじめはなくなるでしょう。そういう意味での、大人の対応責任は重いのです。
そして木場刑事の瞬に対する思いは、まさに「赦すために裁く」ことなのです。八田の発する「熱」と木場の「熱」が違うことを指摘してくださって、ありがとうございます。それこそが、私が一番書きたかったことでした。

招夏さま
ツイッターのほうでもありがとうございました。
「余燼」、深い話とおっしゃってくださいましたが、本当に重い暗い話でした…。教師や親同士の関係の悪さ、対応のまずさが、今の学校問題の根深い病巣を作っていますね。「いじめ」と「遊び」の違いがわからないはずはないのに。生徒たちの自主性にまかせて解決するのを待つなんて、ただの責任放棄なのに。「ある意味、八田君も被害者」というのは、本当ですね。もっと手前で彼の暴力を止めることができたら、失われない命だったはずです。
政治、経済の混乱を見ても、日本全体が迷走しているのかもしれませんね。ええっ。これって太平洋戦争前夜と同じなのかな。
「正面から向き合う」ことのできる理想の大人像として、木場刑事をラストで走らせてみました。こういう大人が増えてくれたらなあ。
このお話を通して、いろいろ考えてくださったのは、作者冥利につきます。ありがとうございました。

ナノハさま
「余燼」への感想を届けてくださり、ありがとうございます。
二転三転のミステリを狙って書いたので、そうおっしゃってくださると報われます。
実は、「いじめ」というのがあまりにも重いテーマで、自分でも途中で書くことをためらってしまいました。いじめられている被害者の気持ちを思うと、お手軽にミステリ仕立てで書いていいことなのか、と。
おっしゃるとおり「逃げる」という選択肢を、大人はもっと勧めなければなりませんね。とりかえしのつかない時間なんてない。三十歳になっても四十歳になっても大学に入っていい。あまりにも、日本の教育は一本道すぎます。
瞬が同級生たちと、もう少し互いの気持ちを伝えあっていたら、もっと違う道が選べたのかもしれません。そのことを理解してくれた、たったひとりの大人がいるというだけで、彼らは救われるのだと思います。木場刑事が奥さんとヨリを戻して、瞬たちを家に招いて…なんていう明るい未来がエンドマークの向こうにあればいいな、とひそかに思い浮かべています。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


読書バトンです

2012/10/29 21:37
「風花亭」のkoharuさんから、「読書バトン」をいただきました。
本当は、もう9月にいただいていたのですがまったく気づかず、GBさんが「読書バトンリンク集」を作ってくださったというツイートを今日見て、ようやく発見しました。ありがとうございます。

「読書バトンリンク集」はこちら。
koharuさんはじめ、他の方々のバトンもそこから飛べます。

さて、自分の恥ずかしい読書歴をさらす「読書バトン」。偏っているなあ。しみじみと。
子どものころから、日本のお話よりも海外のお話に夢中になるほうでした。日本の小説はあまり読んでいないのですよ。やっとまんべんなく読むようになったのは大学以降です。


1:今読んでいる本は?
三浦しをん「まほろ駅前番外地」
実はこのごろ、ツイッターでつぶやかれている本を図書館で借りることが多いです。自分では絶対にたどりつかない本に出会えるので、とてもありがたいです。これも、そんな中の一冊。「まほろ駅前シリーズ」は、便利屋を営むワケあり男たちのコンビが出会う事件と、町の人たちの交流の様子がほのぼのと描かれていて、なかなかのおすすめです。

2:就学前にハマった本は?
これが難題でして。
自分が読んだ絵本と、子どもたちに読んでやった絵本をごっちゃになって記憶しています。
とりあえず、名作絵本と呼ばれるものは、だいたい読んだはずですが、その中でアンデルセンの「白鳥」は、「イラクサを編んでみたい!」と強烈に思った覚えがあるような。
印象が強かったのは、「ひゃくまいのきもの」。「ギャラクシー・シリーズ」でも登場させました。めでたしめでたしの絵本よりは、こういうほろ苦い終わり方のほうが、よく覚えているのはどうしてでしょう。

3:小学生の時にはまった本、作家は?
「少年少女世界文学全集」が家にあって、ひたすら読みました。あの全集を持っていたという方を、オンライン作家さんの中で見かけるのですが、あれはモノカキ養成装置か何かだったのでしょうか。
たくさんの小説でもとりわけ好きだったのが、フランス編の「十五少年漂流記」、ドイツ編の「ほらふき男爵の冒険」。
全集以外で愛読したのが、リンドグレーンの「やかまし村の子どもたち」と「名探偵カッレくん」シリーズ。しかし、何と言っても、「アルセーヌ・ルパン」は、一番のお気に入りでした。

4:中学生でハマった本、作家は?
ランサムの「ツバメ号とアマゾン号」シリーズ。「トムは真夜中の庭で」。しかし一番強烈だったのは、エラリー・クイーンの「Yの悲劇」をはじめとするドルリー・レーンシリーズ。この後は、一生ミステリしか読まないと思っていました。

5:高校生でハマった本、作家は?
高校の友人が貸してくれた一冊のSFが人生を変えました。はじめは「ふふん、SFなんて」と鼻で笑っていたのに、大ハマリしてしまった、ラインスターの「第五惑星から来た4人」。それから、フレドリック・ブラウン、ハインラインを経て、生涯のモノカキの目標、レイ・ブラッドベリに出会いました。もう、この後は、一生SFしか読まないと思っていました(笑)。

6:大学生以上でハマった本、作家は?
実は大学時代の記憶があまりないのですが、けっこう心理学の本を好んで読んでいた気がします。あとはアメリカ文学専攻だったので、サリンジャーやホーソーンや、マーク・トウェインなど、専攻関係の本ですね。卒論はポーでした。ファンタジーを読むようになったのは、このころでしょうか。とにかく乱読でした。

7:現在オススメの本、作家
ローズマリー・サトクリフに出会ったのは大人になってからですが、ブラッドベリに次いで、モノカキとしての生涯の目標ができました。今一番ハマっている作家は、佐藤亜紀です。「天使」は今年一番の大当たりでした。そのほかのお勧めは、佐藤賢一、西澤保彦、東野圭吾、藤沢周平、光原百合などなど。

8:好きなジャンル3つ
ミステリ、SF、ファンタジーということで。

9:読んでいて大笑いしてしまった本は?
大笑いですか…。さくらももこのエッセイくらいでしょうか。マンガならたくさんあるのですが。

10:読んでいて泣いてしまった本は?
実は、かなり涙腺が頑固です。本を読んでも、じわりと来ることはあっても、泣くまではいかないかな。聖書を読んで泣いたことはあります。

11:読んでいて腹が立った本は?
これは、記憶に新しいのですが、村山由佳の「すべての雲は銀の...」。そのあたりの事情は、短編「舫い舟」のあとがきにも詳しく書いたのですが、兄に恋人を盗られ、傷ついた心を抱えている弟が主人公。罪悪感のあまり体調を崩して入院してしまった元恋人の見舞いに来てくれと頼みに来る兄。この場面は、あまりにも自分勝手で、ものすごく腹が立ちました。
まあ、でもこの怒りが短編一本になったのですから、よかったのかもしれません。

12:読んでいて気持ち悪くなった本は?
スプラッタやグロい本は徹底的に避けているのですが、最近は平谷美樹の「ヴァンパイア―真紅の鏡像」という小説が、「バイオハザード」系で、やや気持ち悪かったです。飽くまで資料本として読んだので、よいのですが。

13:本の中で出てきたもので、コレ食べたい!と思ったものは?
「ちびくろサンボ」のパンケーキとか「ぐりとぐら」のカステラとかはもちろんですが。
私が食べたいと思った第一号は、確か「ソロモンの洞窟」に出てきた(と思う)生肉。ひどく飢えていた主人公たちが、狩りをした獲物を雪の中に埋めて、ちょっと冷やしてからかぶりついた。美味しかっただろうなあ(おい)。

14:本の中でここ行きたい!と思った場所は?
「やかまし村」。「ゲド戦記」の闇の神殿。「ツバメ号とアマゾン号」に出てくる湖水地方。

15:本の中で好きな登場人物
惚れっぽいほうなので、たいていの小説の男主人公には恋ができます。「カッレくん」にも恋していたくらいです。

16:続編を出して欲しい本
佐藤亜紀「天使」「雲雀」に出てくるジェルジュの後日談あるいは番外編が読みたい。西澤保彦の「タック」シリーズのタックとタカチはどうなったか、とか(結局、自分が読んでいないだけかもしれませんが)。なお「まほろ町」はもうすぐ三冊目が出るそうです。

17:内容は別にして、この題名はうまいことつけたなとおもうもの
司馬遼太郎の「竜馬が行く」や「坂の上の雲」の題名はさすがだと思う。
タイトル翻訳の妙というべきものは、オリバー・サックスの「レナードの朝」(原題:Awakening)。
ちょっと変わったところでは、高校の図書館で「殺す側の論理」というタイトルの本を見つけて、かっこいいノワール小説だと思って喜び勇んで借りて、がっかりしたことがありました(笑)。

18:近年の出版業界に一言
今年あたりは、いよいよ紙から電子書籍へとシフトする分岐点なのかもしれません。絶版を減らすという点は期待できるのですが、一冊も手に取られることなく埋もれていく本が圧倒的に増える恐れもありそう。双方の利点を生かす戦略を立ててほしい。

19:オススメの書店
ここいらだと、紀伊国屋書店、ジュンク堂あたりでしょうか。

20:あの人は何を読むんだろうという人にバトン
今のところ、リンクを見ると女性ばかりなので、ぜひ男性にバトンを拾ってほしいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第5回ファンタジー大賞ご紹介

2012/09/05 10:05
夏休み企画があと一回で終わるというときに、ぶったぎって申し訳ないのですが、ここで、9月1日から始まった「アルファポリス第5回ファンタジー大賞」の記事をはさみます。
BUTAPENNは今回参加していないのですが、お知り合いの方がたくさん参加していらっしゃるので、せめて、ここでご紹介することで応援させていただこうと思います。

相互リンクの方はもちろんですが、過去の企画でご一緒しただけ、ツイッターでフォローさせていただいているだけという片思いの方も含みます。もちろんペンフェスに参加してくださった方も、せいいっぱい応援したいと思います。

ページ移動するたびに順位が入れ替わるので、かなり見落としもあるかと思いますが、気が付いたら追加していきます。
なお、ご紹介は、お名前のアイウエオ順です。タイトルからリンクしています。


加上鈴子さん
海女神 ムイ・ヤハィタ」 ファンタジー長編 連載中 
【内容】海(ムイ)には人間を脅かす、化け物が棲んでいる。王子の願いは化け物の殲滅、海の平和である。が。

勇者で候」 ファンタジー長編 完結
【内容】異世界の、しかもマッチョな爺に取りついちゃったデブオタニート珍道中、トホホな完結でございます。おまけ話いっこ追加。


鹿の子さん
ブライド」 ファンタジー短編 連載中 
【内容】天使のティムは、とある事情から悪魔のバートンにお金を借りた。そしてその返済のために、自らも高利貸しを生業とすることに。


GBさん
天穹に詩う」 ファンタジー短編 完結 
【内容】癒やし手見習いの娘が出会ったのは、落ちこぼれの魔術師だった。

夜風は囁く」 ファンタジー短編 完結
【内容】ひょんな事から礼拝堂の屋根に登る羽目になった警備隊員が、そこで見たものは。


小高まあなさん
調律師」 ファンタジー長編 完結 
【内容】人外と人の間を調律する“調律師”沙耶に助けられ、一目惚れした龍一。でも沙耶には龍が憑いていて封じるため記憶が必要となる。

ひとでなしの二人組」 ファンタジー長編 連載中
【内容】神山隆二が拾ったのは、自称記憶喪失の幽霊少女だった。そして、その幽霊には秘密があって。現代オカルトファンタジー。


Julesさん
Paradise FOUND」 ファンタジー長編 連載中 
【内容】王に命を捧げると予言された少女と、冷徹なその王。決して相容れるはずのない二人の不器用な恋の行方。

太陽と月の終わらない恋の歌」 ファンタジー長編 連載中
【内容】夜を駆ける謎の義賊、『黒の怪盗』と、彼に拾われた少女マノンの繰り広げる、年の差プラトニック純愛活劇。


招夏さん
魔緑幻話―Maryoku Genwa―」 SF短編 完結 R15 
【内容】突然勃発した植物の爆発的増殖は、首都圏を中心として同心円状に拡大していった。街を呑みこむ緑の津波。一体何が起こったのか…


スイさん
蒼穹、その果て」 ファンタジー長編 連載中 
【内容】領主一族の少年橘雪瀬は手負いの少女を拾う。無表情・無知・拙い言葉の少女は逃げ出してきた帝の夜伽であった。和風恋愛FT。

ユグドラシル」 ファンタジー長編 連載中
【内容】「あなたは私のものなのよ」名無しの青年と、彼を拾った勝気王女ルノの織り成す西洋主従FT


鈴鹿美雪さん
猫耳巫女はオオカミ男とお受験します」 ファンタジー長編 連載中 
【内容】現代で高校生をやっている猫神社の跡取り、猫又少女の曜子と、絶滅危惧種の人狼こと仁さんのお受験の日々


芹沢優希さん
封印の守護皇家・1 真実は全て闇の中」 ファンタジー長編 完結 R15
【内容】神の血を引くアウストレイラ皇国の新皇帝アレクサーはヴィゼット公国のフィアナ公女に求婚。だがそれは謀反のきっかけになった

封印の守護皇家・2 闇に生きる者たち」 ファンタジー長編 連載中 R15
【内容】帝の命を狙う動きあり──帝を影から守護する御所忍びと、他国の忍びが人知れず戦いを繰り広げる。

失われた記憶」 SF短編 完結
【内容】その少年は空から突然現れ海に落ち記憶を失った。少年に接触する謎の美少女は、驚くべき事実を告げた─。5/12 最終話 更新


茶林小一さん
バブルダイバー」 SF長編 完結 
【内容】ロボット海洋SF冒険譚。海に沈んだ世界。残された者たちは生きるため、着繰身(シェラフ)と呼ばれる潜行艇を身につけ深海へ潜る。


tomoyaさん
二輿物語」 ファンタジー長編 連載中 
【内容】「おまえたちは俺が怖いのか」悪魔と呼ばれる王子と政略結婚することになった世間知らずの姫様。最初は彼を拒絶しましたが……


ぷんにゃごさん
ビースト・ラヴァー 野人の恋人」 SF長編 連載中 R18  
【内容】近未来の異世界。見た目はやや派手だけど真面目な研究者の娘と野人との、異種間の恋と冒険! SF要素は薄いです。


ページのPさん
これが出会いのチャンスですか?」 ファンタジー短編 完結 
【内容】彼氏いない歴=年齢の20代女子。占い師のお告げに従ってみたらとんでもないことに。見料返せ。

護符」 ファンタジー短編 完結 R18
【内容】【R18】女が護符に込めた願いとは。異類婚譚風の薄暗いファンタジーです。原稿用紙19枚で完結。


モギイさん
モギイ童話集」 ファンタジー短編 連載中 
【内容】『童話』と呼べるほど子供向きではありませんが、民話をモチーフにしたお話や、作者が気ままに創作したお話を集めてみました。


由紀さん
月の白さを知りてまどろむ」 ファンタジー長編 連載中 
【内容】神話を継承する享楽街。妓館の主でもある巫女と外から来た剣士の出くわす事件譚。和洋異能ファンタジー。


吉田和代さん
バディ・システム」 SF長編 連載中 
【内容】ブライアンの計略で護衛任務を引き受けざるを得なくなったエリニュスたち。その裏で暗躍するテロリストたちは……

ノルグ村の吸血鬼」 ファンタジー長編 連載中 
【内容】お人よしなアーレンの前に現れたのは武闘執行官のマイア。彼女の目に映るのはお人よしな吸血鬼だった!?

ガンダールヴ」 ファンタジー長編 完結
【内容】永遠の新人と揶揄される闘剣士のクレイは、最後の望みをかけて「魔法を使わない魔法使い」に会いに行くが……

咎人は腕を広げ」  ファンタジー長編 完結
【内容】奇跡の魔術師の弟子であるリンデ。しかし奇跡の魔術師は、すべてを裏切る行動に出る。残された弟子たちは師を討つ覚悟をする。

星宿照らす道なれど」 ファンタジー長編 完結
【内容】維摩皇国にやって来た吟遊詩人のタツキ。傭兵集団炎儀団の蓮華たちとタツキは再会を果たす中、意外な人間を匿うことに!?

ロード・オブ・ヘブン」 SF短編 完結
【内容】イヴァンが国境警備隊として初めて配属された場所は国道326号線国境検閲所。通称ロード・オブ・ヘブンと呼ばれる場所だった。

幻影綺譚1 光神子」 ファンタジー
【内容】素質だけはあるのに、おちこぼれ状態の光神子候補の陽雲は、最後の望みを託して降臨の儀に挑もうとするが……

ウィズ・ロボット」 SF長編 完結
【内容】手先の器用なフェイが、人間の女の子そっくりのアンドロイドを拾った日から、フェイの周りでは様々な事が起こり始めて……


綿子さん
宮廷舞踏会 -芙蓉-」 ファンタジー長編 完結 
【内容】東方王宮総取締役として東方王宮に入宮した芙蓉。逸材と名高い王宮人達に悪戦苦闘しながら、彼女は宮廷で独自の地位を築いていく

MAGNA MATER (マグナ・マター)」 ファンタジー長編 完結
【内容】モンスターが蔓延る〈バイオ〉と、守護者に護られた〈ノウア〉二つの星の狭間で、彼女達の覚悟の真価は問われる







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「オンライン文化祭」感想ツイートまとめ

2011/12/30 19:18
二ヶ月間続いた「オンライン文化祭2011 ―夜―」もいよいよ明日の大晦日で閉幕です。

これまで、少しずつツイッターで感想をつぶやいていたのですが、今日で小説部門、メディアミックス部門が終わったので、ブログにまとめておくことにしました。
本当は、それぞれのサイトを訪問して、直接感想をお伝えしようと思っていたのですが、如何せん、取り掛かるのが遅く、時間切れとなってしまいました。
本当に申し訳ありません。
(実はまだ、イラスト部門の感想を書き終えていません。閉幕までには、なんとか追加するつもりです) イラスト部門の感想も追加しました。

「オンライン文化祭」では、たくさんの方から感想をいただきました。ツイッターで140文字感想をくださったり、わざわざ訪問して長文のご感想を残してくださったり。また、イラストや、拙作の朗読を贈ってくださった方もおられました。
これらのいただきものは、閉幕後にギャラリーなどで展示します。
私もお絵描きBBSに何人かの御作に、ドヘタ絵を投下して、とても楽しかったです。途中で五十肩が再燃し、断念せざるをえなくなってしまいましたが。

主催の吉田和代さん、参加者のみなさん、楽しい二ヶ月間を本当にありがとうございました。



「続きを読む」をクリックしてください。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ゾンビ祭り閉幕・オンライン文化祭たけなわ

2011/11/14 20:38
13日に、sleepdogさん主催の「ゾンビ祭り」が閉幕しました。
会場はこちら(まだ読めますし、感想も書けます)。
投稿していた「朽ちた冠」をサイトにアップしました。恐れ多くも、小説自由部門で「銀の墓」賞をいただいたものです。

あとがきめいたものになりますが、「朽ちた墓」を書いたのは、ちょうど暑さと更年期障害で肉体的・精神的にまいっていた8月でした。サイトでは一ヶ月のお休みをいただいていたころです。

会場の掲示板にも書いたのですが、「ゾンビ」をテーマに何か書かなければと、うなっていたとき、「エル・シド」の映画を思い出しました。

かなり古い映画ですので、若い方にはなじみがないでしょうが、あの名優チャールトン・ヘストンやソフィア・ローレンが主演した壮大なハリウッド映画です。そのラストシーンは、スペイン救国の英雄たる主人公の死骸が馬に乗せられて戦場をどこまでも駆けていく…というもので、子ども心に、そのシーンの美しさに衝撃を受けた覚えがありました。

登場人物はみな実在の人物ですが、実際に「エル・シド」として名を馳せたのはサンチョ王ではなく、ロドリゴのほうです。
イスラム教徒から「アル・サイード(主人)」と呼ばれたのも、名剣コラーダの持ち主であるのも、バレンシアを平定したのもロドリゴですが、このお話では独自のフィクションを付け加えました。
彼の主サンチョ2世が毒殺後にゾンビとなってよみがえり、死後の名声を従者であるロドリゴが受け継いだことにしたのです。

つまり、このあたりはスペイン史とは全く異なりますので、ぜひお間違えのないようにお願いします。

もうひとつ、この話を書きたいと思ったきっかけは、私が認知症の家族を介護している立場にあることです。

腐敗の恐怖におびえ、昨日できたことが今日できなくなり、持っていた財産も能力も朽ちた冠のように失っていくゾンビ王、そして彼の骨を拾いながら付き従うロドリゴの姿を通して、老いていく人間の哀しみと、それを支える介護者の思いをこめたつもりです。

老いて弱っていく人間の姿は悲惨なのか。そこに尊厳があるのか。
その尊厳を介護者はどう守っていくのか。そんな思いをこめながら、書かせていただきました。そして、この執筆をとおして、スランプを抜け出すことができました。

ゾンビ祭りでは、「超短編部門」もあり、そこに出品した「流転回帰」という超短編が、「金の墓」賞をいただきました。
墓をふたつもいただいて、どちらに入りましょう(笑)。

残念ながら、わがサイトには、超短編置き場がないため、このブログにて、再録したいと思います。


****

流転回帰


「すまん、もう絶対にしない。水に流してくれ」
人生の中で、いったい何度そう叫んだことか。
まさか、こんなところで再会するとは思わなかった。
とろりと黒く光る三途の川の水面。捨てたはずの汚物がぷかぷかと流れてきて、俺の手足にからみつく。


画像



***


もうひとつ参加中の秋のお祭り、「オンライン文化祭2011 ―夜―」は、12月31日まで会期を延長して、開催中です。

私の参加作は、小説部門では、「惣暗(つつくら)」、メディアミックス部門では、フラッシュノベル「夜の冒険」のふたつです。
ほかにもイラスト部門もありますし、BBSでは、参加者たちのイラスト投稿が盛んに行われています(私もヘタな絵で参戦中です)。どうぞ、会場へお越しください。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
タイおよびトルコへの義援金
【大使館窓口】 在京タイ王国大使館 http://www.thaiembassy.jp/rte1/ 大使館まで直接持ち込みか、現金書留: 〒102-0074 東京都千代田区九段南2丁目2番1 タイ王国大使館 振込み口座: みずほ銀行 目黒支店 194 (当) 39710 Royal Thai Embassy 受付期間2011年11月末 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/29 23:52
【応援】ファンタジー小説大賞
今年もアルファポリスさんの「ファンタジー小説大賞」の季節がやってきました。昨年は「伯爵家の秘密」で参戦したのですが、今年はお休みです。だって、出すものがない! 来年は、「月の戦士」と「ご主人さまのお好きなレシピ」で出られるかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/02 19:50
そろそろ始動します
そろそろ始動します ああ、とうとう八月も終わった。 がっかりしている子どもたち、ほっとしているお母さんたちと、悲喜こもごもの9月1日です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/01 10:49
「ドリーム小説大賞」開幕
アルファポリスさんの「第二回ドリーム小説大賞」が、6月末まで開催されています。 「歴史時代・大衆娯楽・現代文学」ジャンルの150作品が集まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/01 22:52
チャリティ本販売開始
チャリティ本販売開始 立花実咲さん主催のチャリティ本制作プロジェクト、 「One for All , All for One and We are the One  オンライン作家たちによる【LOVE】アンソロジー」 については、かねてからお知らせしていましたが、いよいよ本が完成し、明日4/30から販売開始となります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/29 14:03
線量計がほしい(4/29追記あり)
まずは、昨日の産経新聞のネットニュースから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/24 20:08
【募集】放射能測定ボランティア
※4/19追記 【暫定版】放射線量計測「ハカル」プロジェクト、サポーター募集 http://www.facebook.com/note.php?note_id=204172719606247 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/10 00:26
脱出ゲーム
みなさん、お元気ですか? 私は先週一週間、しつこい風邪をひいて、ぶっ倒れていました。 最初は喉の痛みと鼻水だけで熱もなく、軽くすむかなと思っていたら、だんだん悪化。七度ちょっとの微熱が何日も続き、最後はひどい頭痛に悩まされました。 皆様もほんと、気をつけてくださいね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/02 10:08
宇宙のヴァレンタイン
宇宙のヴァレンタイン 昨日、私の行っている教会の中高生のクラスでの教師たちの会話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/14 11:25
スパムブログ削除依頼の英文
ツイッターで急ごしらえで組まれたスパムブログ対策委員会(笑)によって、さっそく英文の削除依頼メールのテンプレートが作成されました。 BUTAPENNが過去に海外や日本のブログサービスに送ったメールなどを、英語の堪能なJさま(匿名希望)に送ったところ、まったく別物のこなれた英文になって届けられました。さすがJさま! スパムブログというのは、和製英語なので、向こうでは通じないのですねー。なるほど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/08 17:32
各ブログサービスの問い合わせ先一覧
スパムブログについて、私の周辺でもにわかに騒然となってきました。 ツイッターでも、知り合いの方々がスパムブログや海外の投稿サイトへの盗用で困っておられたり、スパムブログを報告し合おうという動きも出ています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/06 16:44
「オンライン文化祭・2010」閉幕
「オンライン文化祭・2010」閉幕 「オンライン文化祭・2010―音―」が昨日で閉幕しました。 充実したお祭りでした。一読、一見に値するすばらしい作品が集まり、たくさんの方から感想をいただいたし、自分も読書ノートを書きました。 しかも最後のほうに、掲示板で参加作品にインスパイアされた絵を、有志で投稿して大盛り上がりしました。私も久し振りに、ペンタブを持ってお絵かきしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/01 09:50
「オンライン文化祭2010」読書ノート(3)
「オンライン文化祭2010」(吉田和代さん主催)の応援を兼ねて、簡単な紹介と感想を掲載していますが、いよいよ今回で最終回です。小説部門の残り8作品と、メディア部門5作品を取り上げました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/17 00:17
「オンライン文化祭2010」読書ノート(2)
「オンライン文化祭2010」(吉田和代さん主催)の応援を兼ねて、簡単な紹介と感想を掲載しています。今回で終わるつもりだったのですが、とにかく参加作品が多い。四回くらいに分けないと無理みたいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/12 00:05
「オンライン文化祭2010」読書ノート(1)
11月3日から開幕した「オンライン文化祭2010」(吉田和代さん主催)が盛り上がっています。 「音」を共通テーマとした競作企画。小説部門33作品、イラスト・漫画部門6作品、メディアミックス部門5作品という大規模な参加人数となりました。 参加者同士の感想交換も活発で、ブログやツイッターを使ったり、個別にメールをやりとりしたりしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/09 00:49
「ファンタジー小説大賞」結果発表
この一週間、半ネット落ち状態で申し訳ありません。 掲示板のほうにも書きましたが、先週末に実家の父が胆のう炎で入院しまして、あわただしくしておりました。 と言っても、母が付き添っているので私のすることはほとんどなく、見舞いだけなのですが(それも病院は自宅から自転車で二分という近さ)、やはり父の弱っている姿は見ていてつらいものがあります。 絶食状態が続いているので、退院のめどがまだつかないのですが、容体は安定しているようです。 そんなこんなに加え、教会関係の秋の行事ラッシュとクリスマスに向け... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/15 17:22
「ファンタジー小説大賞」読書ノート(4)
アルファポリスの「第三回ファンタジー小説大賞」が、あと少しで閉幕します。 9月一か月間、「伯爵家の秘密」に大きな応援をありがとうございました。 会場から何人かの方が訪れて、感想をくださったのもうれしいことでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/30 23:53
「ファンタジー小説大賞」読書ノート(3)
9月も今週で終わり。 アルファポリス「第三回ファンタジー小説大賞」もいよいよ閉幕に近づいてきました。 がんばって読んだつもりですが、まだ3ページから4ページ目をうろうろ。なにせ数が多いのと、終盤になってものすごく順位が変動しているので、どこまで読んだのかわからなくなることもしばしばです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/27 22:16
「ファンタジー小説大賞」読書ノート(2)
アルファポリスの「第三回ファンタジー小説大賞」も余すところ一週間となり、そろそろポイントの表示も消えるころです。 私自身もまだ投票を残しており、これから決めるという方も多いのではないでしょうか。 上位の方々は、さすがにこのところ毎日更新。頭が下がります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/23 11:06
「ファンタジー小説大賞」読書ノート(1)
気がつけば、9月も半分が過ぎ、アルファポリスの「第三回ファンタジー小説大賞」も後半戦に突入しました。 今回もできるだけ参加作品を読みたいと思っているのですが、なにせ膨大な作品数。しかも、ファンタジーはやはり強く、最初から順番に読んでいては、SFにたどりつくのは至難の業です。 そこで、心を鬼にして、R18・R15作品は除外することにしました(本当はいくつか読んでいるのですが)。 第一回は、まず1ページめから始めていきます。R作品を除外したためか、ページ後半におすすめが集中しています(紹介順は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/17 09:07
「無茶ブリ」イカロスくん
「無茶ブリ」イカロスくん 久しぶりにイカロスくんネタです。 このところ、飛行が順調で、ツイッターでは英語を勉強中のイカロスくんですが、暇にまかせて、いろいろな人に解説や自己紹介をブログに書いてと頼むので、その「無茶ブリ」パワーが関係者の恐怖の的になっているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/21 01:10
「犬祭4」開催中
「犬祭4」開催中 トップでも告知していますように、sleepdogさん主催の「犬祭4」が16日から開催中です。 今日やっとBUTAPENNも、当初から予定していた分を投下してきました。難産だった...。 もともとは主人公たちが破滅に向かう話として書いていたのに、どうしても気にいらなくて、コミカルなラノベ風に大幅に書き変えてしまいました。後味も良くしました。 もともと私の書く短編は、バッドエンド率が高いのです。「短編はかくあるべし」という先入観があるんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/19 10:32
犬祭とオンライン文化祭
犬祭とオンライン文化祭 夏の暑さもきわまれりというところで、今日は朝から雨で、やっと一息。 でも、明日からまた暑いとか。今年の夏は本当にきついです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/29 10:04
異世界FTのお助けソフト
異世界FTにつきものなのが、設定資料集。 登場人物が増え、壮大な世界が広がっていくにつれ、キャラ名の一覧表とともに、地図、人物相関図、年表などが必要になってくる場合も多いでしょう。 もちろん、そんなものなくても、文章できちんと表現するよという作家さまもいらっしゃいますが、やはり最低の設定集を用意しておくのがユーザーフレンドリーだとお考えの方もいらっしゃいます。そんな方に、私の見つけたお助けソフトをご紹介します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/18 21:26
イカロスくんノミネート
イカロスくんノミネート ツイッターで大活躍のイカロスくんが、「第8回Webクリエーションアウォード」にノミネートされました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/25 13:01
DCAM1の旅立ち
DCAM1の旅立ち ワールドカップの日本オランダ戦、終わりましたね。 その陰に隠れて、すっかり見落としていたのですが、同じ時間、宇宙ではIKAROSの分離カメラのもうひとつ、DCAM1が分離実験に成功しました。またたくさんの写真を撮って送ってくれたようです。 先日のDCAM2が弟で、こちらはお姉さんという役割です。 ツイッターで、イカロスくんとDCAM1ちゃんの分離の様子が実況中継されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/19 23:59
涼しくなるウェブサイト
涼しくなるウェブサイト 暑い! 今日の阪神地方は最高気温が32度でしたよ。「ちょっと待って、まだ心と体の準備が」と言いたくなるくらい、今年は一気に季節が進んでしまったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/17 23:53
イカロスくんの雄姿
イカロスくんの雄姿 DCAM2が撮ったIKAROSの写真が、ついに公開されました。 DCAM2くんが「銀色のお花みたい」と評したとおり、きれいに開いた薄膜セイルが太陽に映えて、ほんとうに綺麗。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/16 15:23
イカロスくん分離カメラ実験
イカロスくん分離カメラ実験 もうすっかりイカロスくんの追っかけと化している当ブログですが、今日も動きがありました。 分離カメラの実験が無事成功したのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/14 23:17
はやぶさ、お帰りなさい
はやぶさ、お帰りなさい 6月13日 22時57分(日本時間)地上からカプセルの発光(火球)を確認。はやぶさとカプセルが大気圏突入、とうとう地球に帰ってきました。 無事にカプセルが見つかりますように。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/13 23:14
イカロスくん電力セイルの展開成功
イカロスくん電力セイルの展開成功 地球を飛び立って21日目の小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」が、電力セイルの展開に成功しました。 合わせて、薄膜太陽電池の発電にも成功し、これで当初計画していたミニマムサクセスを達成したことになります。 これから半年間かけて金星に向けて加速・航行することで、フルサクセスを目指します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/11 19:21
イカロスくん百面相
イカロスくん百面相 5月21日に種子島宇宙センターからH-IIAロケット17号機が打ち上げられて、10日以上経ちました。 そのロケットに搭載されていたのが、金星探査機「あかつき」と、小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」です。 「IKAROS」とはギリシャ神話では、人工の翼をつけて太陽に近づき落下してしまったという、いかにもいわくありの名前ですが、Interplanetary Kite-craft Accelerated by Radiation Of the Sunの頭文字を取ったものです。 ソーラー... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/06/02 12:57
宮崎県口蹄疫被害義援金
自分のメモ代わりに ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/21 18:08
「第3回ホラー小説大賞」読書ノート
早いもので、アルファポリスの「第3回ホラー小説大賞」の期間も、もう半分以上が過ぎました。 皆様の応援のおかげで、拙作「夜叉往来」は、これまでのところは、ほぼトップに位置することができました。投票してくださった方、お読みくださった方、本当にありがとうございます。 もしまだの方で、お志のある方は、どうぞよろしくお願いします(ただし投票は、会員登録が必要)。4月30日までです。 →→「夜叉往来」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/18 00:23
桜、まだまだ
桜、まだまだ すっかりご無沙汰してしまいました。 先週末に古いPC(実は、修理して一度戻ってきたのですが、ものの15分でまた落ちました)に見切りをつけて、新しいPCを購入。そのセッティングに、えらく時間を食ってしまいました。 というのは、新しいパソで自サイトを覗くと、やたら文字が小さいのです。今まで見えていたブログや掲示板の文字が見えない(急に老眼が進んだわけではありません)。 PCの解像度が高いせいでしょうか。でもFIrefoxやSafariなど他のブラウザではちゃんと普通の大きさで見えるので、WIN... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/25 11:24
応援ありがとうございました
昨日をもって、アルファポリスさまの「恋愛小説大賞」が閉幕しました。 日付が変わるころ、会場にまだ張り付いて小説を読んでいたのですが、うっかり更新ボタンを押したとたんに3月の「旅行記大賞」に画面がチェンジしてしまいました。一ヶ月のあいだ日参していた会場だけに、もう参加作品が読めないんだなと思ったら、やたらと寂しくなりました(もちろん、アルファポリスの恋愛カテゴリーのページに行けば、今でも読めるんですけどね)。 今回は、はじめて他のエントリー作を読みまくり、読者に好まれるイマドキの恋愛小説とはど... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/01 11:10
「第3回恋愛小説大賞」読書ノート終
早いもので、2月も終わり。アルファポリスの「恋愛小説大賞」も最後の数日となってしまいました。お祭り(と言えるかどうかわからないけど)が終わるのは寂しいものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/25 19:23
「第3回恋愛小説大賞」読書ノート2
アルファポリスの「恋愛小説大賞」も、いよいよ終盤戦に突入しました。 終了一週間前になると作品の総ポイント数が消える仕組みになっています。順位はそのまま表示されるのですが。 私の参加作品「インビジブル・ラブ」は順調に順位を下げ(笑)、ただいま2ページ目の真中あたりです。 「インビジブル・ラブ」トップのバナーから投票できます。お志のある方はよろしくお願いします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/18 09:30
「第3回恋愛小説大賞」読書ノート
アルファポリスの「第3回恋愛小説大賞」が開催中ですが、わが「インビジブル・ラブ」は、1ページと2ページの間を目まぐるしく動いております。 ただいま6978票。ざっくり言って、13人の方が投票してくださったということになります。本当にありがとうございました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/08 09:34
ハイチ地震募金先
私的覚書を載せておきます。詳細は各自で確認くださいますように。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/18 20:00
Twitterをブログに導入してみた
また、いつものBUTAPENNの病気が始まったと笑ってやってください。 今度は、ブログに今はやりのTwitterを導入してみました。二年まえにも「ミニブログを始めるぞ」などと騒いでいた、あれはどうなったんでしょう。はい、とっくに撤退しました。本当に気まぐれで申し訳ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/21 20:18
FC2のQRコード
一昨日から、FC2のサイトに行くと、一番上の真中にQRコードが表示されるようになっていました。私の巡回路には、けっこうFC2利用者が多くおられることを、あらためて実感します。 これは、FC2の新しいサービスだとかで、そのまま放置しておくと、全ページ挿入されるようになっているようです。 閲覧者が手動で閉じることはできますが、いかにも面倒くさい。便利な機能なのかもしれませんが、中央ではなく、もう少し右端か左端に寄せてくれたら良いのにと思うのですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/21 19:14
MTにウェブ拍手を設置
うわわ。気づいたら、ブログのカレンダーがまだ9月。どんだけ(以下先月と同文)。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/03 16:37
宇宙では子どもが生まれない?
重力のない宇宙では、受精卵が育たないという研究が発表されました。 神戸の理化学研究所発生・再生科学総合研究センターと広島大の共同研究によるものだそうです(情報ソース・読売新聞)。 同研究チームは、地上で無重力状態を再現し、マウスの体外受精を試みたところ、無重力を続けるにつれて受精卵が育つ割合が減り、結局出産に至ったのは通常の四分の一だったとか。 魚類や両生類は、宇宙空間でも問題なく繁殖するので、哺乳類に関するこの結果は、研究チームにも予想外だったようです。 どの程度の重力があれば受精卵が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/26 23:55
Internet Explorer 8 で、メモ帳が開けない
ブラウザを、ようやくInternet Explorerのバージョン6から8にアップしました。 やはり、古いのはいろいろ脆弱性があると聞いたので、ようやく重い腰を上げたわけですが(実は今のPCに買い換える前に、一度やったことがあり、そのときはとても重くて、元に戻してしまったのです)、とたんにHTMLソースが全然書き込めなくなって、ビビりました。 どういうことかというと、HTMLのページを右クリックするとメニュー画面が現われ、「ソースの表示」をクリックすると、メモ帳が出てきますよね。IE のバー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/19 22:28
火星観光(2)
ギャラクシー・オデュッセイ」第4話をお届けしました。また途中で切ってしまいましたが、第5話は、四日後を目途にアップしたいと考えています。 さて、今回も、レイとユナ夫妻がめぐっている火星の観光名所をご案内します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/11 16:31
恋愛ファンタジー小説コンテスト閉幕
赤西紅さま主催の、「第2回恋愛ファンタジーコンテスト」が今日7月18日をもって終了します。 投票は、投票フォームが消えるまで可能だそうなので、もしまだの方はお急ぎください。結果発表までは、さらに数日あるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/18 21:08
火星観光(1)
「ギャラクシー・オデュッセイ」(3)に、たくさんの拍手とご感想をありがとうございました。 考えてみれば、あれだけ火星定期航路で往復していたのに、火星の様子をじっくり書くのは今回が初めてです。乗組員たちは、みんな観光などしないで、別のことをしてたみたいですね(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/25 16:50
GENOウィルス
ネット界に、また厄介なものがはびこっています。 JSRedir-R、通称GENOウィルス。 最初同人サイトを中心に蔓延したコンピュータ・ウィルスなのですが、今では企業サイトや一般サイトにも広がりだしています。汚染サイトを閲覧するだけで、ウィルスに感染する危険があります。 感染すると、個人情報が盗まれる、パソコンが重くなるなどの被害があるそうですが、今のところ、主なセキュリティソフトの保護が効かないというのですから、ますます厄介です。 詳しい説明や対策方法については、対策まとめサイトさまが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/08 10:31
小説コンテストふたたび
サイトのトップページの右下に、BUTAPENNが今まで主催したお祭りや、参加する同盟リンク、またコンテストや競作のリストがあります。だんだん増えてきて、そろそろ整理が必要かなと思っているのですが、その中のひとつ「第2回茶林杯1000文字小説コンテスト」が昨日をもって終了しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/26 16:56
「動物の名前」辞典
「ギャラクシー・オデュッセイ」(2)を書いたときに、はたとキーボードを叩く手が止まりました。 スペインの犬の名前って、どんなのだろう。日本では「ポチ」という定番がありますが、果たして外国では、そういう定番名ってあるんでしょうか。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/27 19:14
Susan Boyleを知っていますか
イギリスの「スター誕生」的TVショー、「Britains Got Talent」で、またひとつ新しいタレントが生まれました。 4月11日放送分で、「レ・ミゼラブル」の「I Dreamed A Dream」を歌ったスーザン・ボイルさんです。 彼女は47歳、無職。小太りでいかにも冴えない田舎のおばちゃんという感じの彼女の登場に、会場や楽屋は苦笑と溜め息。 ところが、彼女が透き通った張りのある声で歌い始めたとたん、状況は一変します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/25 10:19
1000文字小説コンテスト
このところ、また右腕の腱鞘炎に悩まされているBUTAPENNです。おまけに足はむくむし、明け方になると足が攣って目が覚めるし。歳ですね。引きこもりも祟ってるかも。 これはそろそろ、強制的に自分をPCの前から離して、エクササイズしなければならないようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/17 14:17
恋愛ファンタジー小説コンテスト入賞
以前にもご案内した、「恋愛ファンタジー小説サーチ」さま主催の、「第1回恋愛ファンタジー小説コンテスト」が、14日をもって投票期間を終わりました。 そして、なんとBUTAPENNの作品が一位をいただいてしまいました。 とは言え、二位の方との票差はわずか一票。かろうじて鼻の差で逃げ切りです。 タイトルは、「伯爵家の秘密」。 恋愛らしい要素はなく、かろうじてファンタジーの部類に入るでしょうか。今読み直すと、主人公の17歳の伯爵は、まんま彩音だわ(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/16 00:10
二月は恋愛小説大賞の季節
あしたは二月二日、「夫婦の日」だそうですね(ついでに言えば、きのうの一月三十一日は、「愛妻の日」だったそうです)。 それと関係があるのかないのか、もしかするとバレンタインデーのある月だからということかもしれませんが、二月はオンノベル界隈で、ふたつの恋愛小説大賞が開催されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/01 20:01
スパムブログの恐怖
まずは論より証拠。こちらをごらんください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/01 21:15
キーボーダーへの道
昨日の記事にも書きましたが、マウス肘です。 どうもこのところ、右肘や手首が慢性的な軽い痺れや痛みを抱えていて、その原因は五十肩から来るものだろうなと思っていたのですが、この数日、強い痛みが右手の人差し指と中指に出てしまうようになりました。 で、近くの接骨医に行ったら、ひとこと「マウス肘ですな」と。 なるほどー。人差し指と中指といえば、まさにマウスで使う指。なるほどと言うか、やっぱりと言うか、パソコンのしすぎだったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/02 12:55
逆選王
山仙さんと共同で、「ぶた仙」というPNで「500文字の心臓」に投稿していることは、以前にも書きましたが、このたび「ノイズレス」というお題にエントリーした作品で、ついに「逆選王」をいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/14 11:07
文化庁の調査結果に憮然とする
お暑うございます。 関西は今日も最高予想気温36度。エアコンを我慢することが地球のためによいとわかっていても、我慢できません。たとえ明日の人類が滅びても、今の暑さを何とかしてくれと言いたくなります。いや、人間というのは生来、我が身を滅ぼす生き物ですな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/26 10:01
ゼファー 倒産?
この数日のアクセス解析を見ていてビックリしたのは、「ゼファー 倒産」というキーワードで、うちのサイトに来られるお客様が多いということでした。 今朝の新聞を見ていて、その理由がわかりました。 以下読売新聞の引用と要約。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/19 15:57
光熱費の季節変動
長かった冬も終わり、この数日、ようやくストーブをつけなくても過ごせるようになりました(もちろん、これは関西の話。北国はまだまだ寒いでしょう)。 こういう季節の変わり目になると、気になるのが光熱費の変化。 もちろん、きちんと家計簿で把握しておられる方がほとんどでしょうが、今日は光熱費の季節変動が一目で分かるグラフを作ってくれる、無料テンプレートをご紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/21 23:11
アルファポリス恋愛小説大賞
今日から月末までの一ヶ月、「アルファポリス恋愛大賞」が開催されます。 当サイトの完結した長編作品、「セフィロトの樹の下で」と「夜叉往来」をエントリーしました。 錚々たる有名恋愛小説に囲まれて、場違いな場所に来たことをやや後悔しておりますが(笑)、これを機に、ひとりでも読みに来てくださればうれしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/01 19:23
色の名前を教えてくれるサイト
ブログの再移転にともなって、過去記事を見ていたのですが、四年もやってると、ホント同じようなことばかり書いてますな。 そんな毒にも薬にもならぬ記事の中で、唯一みなさまのお役に立てたかなと思われるのが、メディア関係の記事。「カテゴリ」の中の「メディア」をクリックすると、ずらずらと現われます(このへんがブログの便利なところ)。 「服飾史」「名前辞典」などのお役立ちサイトをご紹介したり、CGI関係のフリーソフトを紹介したりしておりますので、お時間のある方は参考になさってください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/28 14:59
またMovable Typeへ
ほんとに気まぐれにもホドがある、とのお叱りを受けそうですが、またブログを変更しました。 去年夏のサーバー不具合のときに、ミラーブログとして持っていたウェブリブログに移転したのですが、つい昨日、ブログシステム「Movable Type4.1」が正式にリリースされたのを機に、また新しモノ好きの血が騒ぎ出したという次第。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/25 22:50
久々に萌えっ
昔は他愛なく、アニメや小説、マンガの主人公に萌えて、一日彼らのことばかり考えたものですが、さすがに今はそういうことも少なくなりました。 けれど、何歳になっても、何かステキなものに心奪われる気持は持ち続けていたいものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/04 21:46
ニコニコ動画
ニコニコ動画にやっと入ることができました。 動画を視聴できる会員制サイトで、動画そのものは直接アップロードするのではなく、他の動画配信サイトから提供を受けるようですが、チャット感覚でコメントを付けることができて、そのコメントが画面に流れるのを他の視聴者も見ることができるというところがウリのようです。 入会登録は無料なのですが、入会から2ヶ月、視聴時刻に制限があるのです。午前2時〜午後7時限定ですが、この時間帯というのは、なぜか暇があっても見ないですね。 今日やっと24時間解放というメールが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/22 22:25
ノベルサーチ復活
「Novel Search」が復活するそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/20 20:00
服飾史の資料は
巨大な台風が東日本を縦断していますが、みなさまのお住まいのところは大丈夫でしょうか。特に首都圏は、通勤時間にぶつかって大変だったと思います。 関西は、フェーン現象の影響か、とんでもないカンカン照りで暑さのきわみです。もー暑いのやだーっ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/09/07 16:03
名づけ親の強い味方
ブログの記事をほとんど九割がた書き上げて、何気なしに別のサイトを見たりしているうちに、ブラウザを閉じてしまった大バカものです。 さすがに、凹みました。せめて、閉じるときに、「ブログをセーブしますか?」ぐらい聞いてほしいよ(それより、こまめに保存しましょうね)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/31 21:13
ブログの影響力は?
「嵐と激震」の三連休が終わり、セミの声もにぎやかに聞こえています。 このところ、BUTAPENNの家族には体調不良の者が多いです。胃がむかむかしたり、腹を下したり。とりあえず、私も身体がだるい。 この季節特有の気候のせいでしょうけれど、みなさんもお気をつけになられますよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/17 13:38
ミニブログと携帯トップ
巷に「ミニブログ」というのが流行り始めたと新聞で読み、さっそく携帯サイト「ぽけっとぐれいす」で導入してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/05 19:49
シャツをたたむ
明日から一週間、夫が海外へ出張します。 こういうときに妻の仕事は、ただひたすらシャツを畳むこと。これがとても面倒くさいんですよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/16 10:55
文字化けメールの解読法
近頃、私が送ったメールの一部が文字化けになってしまったという連絡を受けました。 それから、うちのサイトから送ってくださった「ひとことメール」がまったく文字化けして読めないということもありました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/07 09:24
お絵描き掲示板が使えない
ペンギンフェスタ2007の開幕が、いよいよ明日です。 午前0時を持って、オープニングの更新をしますので、ぜひお越しくださいますように。BUTAPENNがその時間まで起きていられるように、祈っておいてください(このごろ、すぐ寝ちゃうんだよなあ)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/31 14:56
幕末編完結
「満賢の魔鏡」の二の巻が終了しました。 当然というか、やはりというか、こういう結末です。悲しくてごめんなさい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/06 16:25
方言ブログ
希倫さんのブログ 「Days...」で、ブログパーツについて紹介していました。 以前から、こちらではシュシュという可愛いブログペットがいて、クリックするとたくさんおしゃべりしてくれたのですが、今度設置されたパズルがまた楽しい。 私もなにか置いてみようと思い立って、ブログパーツ専門のリンク集「ブログパーツ.com」へ行ってみたら。 ありました、ありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/03 22:09
ページ内ジャンプ
えー。ひとことお詫びを。 ひとつ前の記事で、「うちは、いろんなブラウザで動作確認をやっている」と豪語していたBUTAPENNですが……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/11 15:30
ブラウザの動作確認
うちのサイトは、いくつかのブラウザで動作確認しています。 蛇足ながら、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/07 17:14
自動更新が止まらない
私はWindows XPというOSを使っているのですが、去年の11月ごろから奇妙な現象に悩まされ始めました(なんだか、怪談の導入みたいだな)。 Windows Updateが提供するセキュリティプログラムの自動更新が止まらないのです。自動更新をOnに設定しておくと、コンピュータを終了するときに、「電源を切る」ボタンに紋章のようなマークがつきます。これが自動更新を始めるという合図なのですが、このマークが毎日ついているのです。 Microsoftの「Windows Update」のホームページへ行っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/17 08:27
自分ばとーん
少し寒くなったと思ったら、てきめんに指先がひび割れてきたBUTAPENNです。尿素50%入りのハンドクリームを塗った手でキーボード叩いてます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/04 16:49
最新のブログ更新情報を表示する
またCGIにハマってしまいました。 しくしく。こんなことしてる場合じゃないのに。小説書かなきゃいけないし、年賀状のデザインも考えなきゃだし、聖歌隊の伴奏の練習も、教会学校のクリスマスの準備も……(毎年年末になるとこういうことを言ってますね)。 忙しいときに限って、やたらチマチマしたことにこだわる。たぶん、一種の現実逃避です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/24 13:38
学ぶ権利
ヤフーメールに毎日大量に送られてくるスパムメール。私の場合は、1週間覗かないと50件くらい溜まっているのですが、みなさんもそれくらいでしょうか。 今はまったく使ってないので、ときどき覗いては、迷惑メールフィルターに入っているジャンクメールを開けることもせず、さくっとゴミ箱に放り込むことがほとんどです。 以前聞いた話では、下手に開けると、中にこっそり仕込まれた1バイトの画像が読み取られたことを感知して、もっと大量のスパムが来ると言いますし、第一、十年一日で何の工夫のないタイトルがほとんど。たとえ私... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/03 10:42
メディア芸術の頂点は?
やや古い話題で申し訳ないのですが、この3日に文化庁が「日本のメディア芸術100選」を発表しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/06 09:36
武士の一分
このところ読む本といえば、「ゲド戦記」をもう一度読み返したり、ローズマリー・サトクリフの手になるケルト神話、夢枕獏の「陰陽師」シリーズ、藤沢周平の時代ものというところで、さすがにこれではSF書けないな、と苦笑するばかり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/02 19:12
飲酒運転撲滅の秘策
飲酒運転が後を絶ちません。 みんなニュースを見てないのか。それとも、マスコミがやっきになって小さな事故も掘り起こして報道するから、減らないように見えるのか。 とりあえず、今言われていることは、飲んでしまった本人の判断能力はすでに信用できないのだから、周囲にいる同乗者や、酒を提供した飲食店が半強制的に、飲酒した運転者を車から遠ざけなければならないということのようです。 しかし、これはかなりむずかしそう。なぜなら、同乗者もきっと同じく酒を飲んで判断能力を失っているだろうし、飲食店は商売をふいにしてま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/19 21:03
RPG風ファンタジー
お盆休みの真っ最中ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 今年のプロ野球も終了したことですし(おい)、うちの夫はお盆も出勤ですので、暇しております。 これといって、ブログのネタもなく。しかしドラゴンズめ……(しつこい)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/14 16:47
ツンデレって?
つい最近、「ツンデレ」ということばを聞き、何のことかわかりませんでした。 ロシアやカナダ、アラスカに広がる凍原? それは「ツンドラ」だって。 というわけで、遅ればせながら検索して調べてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/02 19:29
30歳以上限定・恋愛小説リンク集
以前、「らぶらぶ」のみつきさんから構想をうかがい、陰ながら待ち望んでいた「30歳以上限定・恋愛小説リンク集」、とうとう発足しました。 私もさっそく申し込んできました。管理人のみつきさんに続き、栄えある登録第二号です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/14 14:16
人生の経験値は?
ネットでは、この頃すっかりおなじみになった、アンケート形式の性格診断表。 今日紹介するのは、「ハジメちゃん大人年齢診断問診表」といって、関西の私立大学の教授らが監修したものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/29 21:16
「犬祭3」開幕
今年も、いよいよsleepdogさん主催の「犬祭3」が始まりました。 6月4日から7月9日までの約一ヶ月間、小説(自由・競作・お題など)部門、イラスト・CG・漫画部門、俳句・短歌部門からなる、オンライン創作展です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/05 11:30
BUTAPENNの成分は?
このところ、名前を入力するだけで自動的に性格判断してくれるサイトが、あちこちにできていますね。近頃は 「成分解析」というフリーソフトがはやりました。太郎じぃさんのブログ「じぃやの部屋」で教えてもらい、コメント欄にも書き込んだのですが、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/18 13:52
12歳の文学賞
今は一般公募の文学賞というものを多くみかけますが、小学生限定の文学賞があるということを、今頃になってようやく知りました。 「小学○年生」という雑誌でおなじみの小学館が、3月に「第一回12歳の文学賞」という小学生限定の文学賞を創設したそうです。 インフォメーションはこちら。 恋愛もの、時代もの、SF、ミステリーなど、テーマ・ジャンルは自由。400字詰め原稿用紙で5枚(2000字)以上、パソコンで印字することが条件です。しめきりは今年の9月30日。 「12歳だからこそ書ける小説がある!」とコピーには... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/24 19:12
白夜行
昨日、テレビドラマ「白夜行」が終わりました。 東野圭吾原作のほうは、私にとって打ちのめされるくらい素晴らしいミステリだったので、期待して見ていました。 テレビドラマも面白かった。原作とはまったく逆のアプローチ、とでもいいましょうか。 主人公の亮司が死ぬ場面からいきなり始まり、これが原作ではラストシーンにあたる、ということもあるのですが、そのほかもことごとく、原作とは逆に進んでいる印象を受けました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/24 08:30
FINAL FANTASY XII発売
プレイステーション2のソフト、FINAL FANTASY XIIが今日発売されました。 いやあ、懐かしい。FFX以来のプレイだから何年ぶりになるでしょう。クリスタルのテーマも、大空を翔ける飛空挺も、アビリティシステム(ライセンスボードという名前ですが)も健在なようです。オープニングムーヴィーもさすがのグラフィック。 ただ、全体の雰囲気がどうしても往年の「ベイグラントストーリー」を思い出させます。それもそのはず、「ベイグラント」のプロデュースをした方が、今回のFFXIIの総監督さんらし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/16 15:50
若者と言えば…。
くりすさんから、さらなるバトンが回ってきました。 今度は「イメージバトン」と言って、まあ「連想ゲーム」みたいなものですか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/26 12:51
配偶者に望むこと
日本経済新聞の土曜版「NIKKEIプラス1」の12/17号のトップに、「夫・妻に来年直してほしいこと」というアンケートが載っていて、なかなか面白かったので、一部ご紹介します。 ランキングの詳細な内容は、NIKKEIプラス1のホームページでご覧ください(ただし週替わり)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/19 12:47
掲示板SPAM、傾向と対策
いよいよ界隈のサイトマスターさんも堪忍袋の緒が切れたようですね。とっとさんが掲示板を許可制にしたのに続いて、TERUさんも行動を起こすようです。 はっきり言って、あまりにもひどい。敵は宣伝代行業者として人を雇ってやっているのでしょうが、こちらは仕事や家事の合間にサイト運営しているのです。かけられる人手と金が違う。太刀打ちできるはずはありません。 もちろん、みなさんとてもお困りのはず。対策サイトがあるのではと思ったら、やはり素晴らしいサイトさまがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/21 19:51
レンタルビデオ
実家の両親が、テレビでやっていた時代劇をもう一度見たいというので、レンタルビデオ店に借りに行きました。 久々にのぞいたテレビドラマのブース。なんだか棚に並んでいる商品が小さくコンパクトに見えました。DVDがずいぶん増えているんですね。結局、借りに行った時代劇もDVDバージョンしかなく、DVDプレーヤーを持っていない両親はがっかりして、借りるのをあきらめました。 従来のビデオに比べてDVDがここまでの割合で普及しているとは。この1、2年で、ずいぶんビデオ事情は様変わりしてしまったようです。 まだ子... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/14 10:04
「白夜行」
東野圭吾がマイブームです。 「白夜行」は先週読了したのですが、いまだにその衝撃が残っています。 犯罪小説=ノワールというのでしょうか。一組の男女が次々と犯罪をおかしていくのですが、それがせつなくて、痛い。太陽のない暗闇の中でふたりが互いに相手の灯りとなりつつ、人目を避けるようにして共生していかざるを得なかった19年が、重みをもって胸を打ちます。 周囲の人々の視線のみをとおして描かれているため、彼らが本当は何を考えてどうおこなったのか、読者には最後まで明らかにならない部分が多い。その歯がゆささえも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/01 14:42
読書
特に話題がないので、このところ読んだ本と漫画について。 少し涼しくなってきたこともあって、今読書モードです。一日一冊のペースで読んでます。その分、書くほうはお休み中なのですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/23 09:30
ネットあればこそ
暑いです。今日の西日本は最高気温予想が軒並み35度を越えている。もうこの時間からじっとしてても汗が吹き出てきます。 またPCの熱に警戒しなければならない季節がやってきました。みなさんも、くれぐれもバックアップだけはお忘れなく(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/21 08:55
皇帝ペンギン
都会の夏は暑くて、耐えがたい。 夏の映画館でよく「自然ドキュメンタリー」ものが上映されるのも、夏休みの家族連れをあてこむという意図とともに、ひとときでも、回りの喧騒と暑さを忘れたいという都会人を惹きつけるためなのでしょう。 それに、マイナス40度の世界というのは、冬に見るより夏に見たほうが涼しげでよいに決まっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/06 09:47
音楽のはなし
くりすさんから、「ミュージカル・バトン」なるものが回ってきて、初めてその存在を知りました。 ミュージカルバトンとは、「音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の5人を選びその人にバトンを渡す、というルール」(はてなダイアリーより引用)なのだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/27 16:40
「NANA」という漫画
今ちまたで中高生の女の子のあいだでブームを巻き起こしているという「NANA」(矢沢あい著)のコミック1〜12を読みました。 息子が、彼女さん(かなあ?)から借りてきたらしいです。たまたまその前の週にテレビの情報番組でこの「NANA現象」を取り上げていたのを見たため、夫と私で飛びついて読みました。 夫にはやはり読みづらかったらしく、数巻読んでギブアップしました。若い女の子の会話を盗み聞きしているような気分になるそうです。それでも夢中になる要素があるのはわかると言っていました。 私はもう、大ハマリ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/07 00:05
恐怖症リスト
世の中にはいろいろな「恐怖症」があるものです。 「高所恐怖症」「閉所恐怖症」「不潔恐怖症」などは、身の回りでもよく聞く名前です。日常生活の障害になるような重い症状に使われることが多いですが、ただ単にちょっとキライというものまで「恐怖症」と名づけてしまうこともあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/10 23:04
悪戦苦闘
本館のトップを改装しました。 前からもっとシンプルで見やすくならないかと思っていたのですが、連休前に夫が腰を痛めてしまって(うーむ、誰かさんからのネット感染か)、結局どこへも行けなかったため、「小説書けない病」からの逃避がてら、一日でやってしまいました。 ユニバーサルデザインとかウェブ標準などと難しいことはできませんが、とにかく「どのブラウザから見ても同じデザインに見える」トップが目標です。 テンプレート配布サイトから借りてきたものを、自分なりにいろいろカスタマイズしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/06 12:50
エイプリルフール
ヤフーが毎年4月1日にエイプリルフール企画をしているのはご存じでしょうか。 私は今年はじめて知りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/01 09:06
お役立ちフリーソフト
PCのデータが全部回復できたことで、小説が残っていたのもうれしかったのですが、フリーソフトが全部残っていたこともうれしかった。またこれを全部ダウンロードしてきて、インストールするのは大変だったと思うのです。 今度こんなことが起こったときのメモがてら、その一部をここでご紹介します。私にとっては役に立つものばかりですが、PCによっては相性が悪かったり、使い勝手の悪いものもあるかと思いますので、そのへんはご了承願います。有償のものは挙げていません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/18 11:27
PCその後
入院中だったPCがようやく修理完了。昨日夕方、販売店からメールが入ったのですが、残念ながら取りにいけませんでした。水曜に取りに行く予定です。 結局、基盤を取替え、CDドライブのモーターも取り替えるという大手術となりました。ロボットなら初期化して、まったく新しい人格になってしまうようなものです。もちろん、データはあきらめました。 保障に入っていたので、3万円で済んだのが不幸中の幸い。一週間で修理完了したのも、覚悟していたよりは早かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/14 10:13
PC入院中
PCがご臨終あそばしました。いや、そうだとは信じたくない。 まだ買って三年足らず。確かに私と夫の共有で一日12時間酷使していましたが、それでも人間で言えば50歳の働き盛りじゃないですか。まだご隠居するには早すぎるよぅと、50歳の旦那をそばにして叫んでみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/07 09:02
スポーツと漫画
きのうのサッカーの試合はすごかったですねえ。大黒選手の反転ゴール。と言ってもリアルタイムでは見ていません。同点にされた途端にチャンネルを変えてしまった小心者です。ロスタイムの決勝ゴールというのは、ドラマや漫画の中だけの話と思っていたら、けっこう実際にあることなのでびっくりします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/10 08:58

トップへ | みんなの「メディア」ブログ

アフィリエイト



ぶたぺん・だいありー メディアのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる